美容コラム

ダイエットと腸の意外な関係!いま注目の腸活で健康的な痩せ体質へ

ダイエット

ダイエットといえば運動に食事制限、プチ断食に、サプリの服用など、さまざまな手段がありますよね。しかし、どれも続けなければ効果は望めず、ときにはリバウンドしてしまうことも。苦しい思いをして痩せたのに、数ヵ月で元の体重に戻ってしまった…という事態は、非常に悲しいものです。

 

また、とりあえずダイエットを始めてみたけれど、思うように体重が減らないという悩みもありがちなものではないでしょうか。やり方が間違っているのかも…と不安になってしまいそうですが、痩せにくい体質が原因であることも多いのです。

 

今回は痩せやすい体質をつくるためにぜひ試してみたい“腸活”をピックアップ。その方法やダイエット効果、腸活に役立つ食べ物・飲み物についてご紹介します。

目次
健康な毎日は良い腸から!いま話題の腸活って?
腸活で善玉菌優位な腸へ導く!効果的な食べ物・飲み物
いますぐ実践!健康的な腸をつくるための腸活実践法
まとめ

健康な毎日は良い腸から!いま話題の腸活って?

腸は「第2の脳」と言われるほど重要な臓器です。腸内には常にさまざまな細菌が存在しており、日頃からよく耳にするものとしては善玉菌と悪玉菌があります。「腸内には善玉菌が多ければ多いほどいいんでしょう?」という声が聞こえてきそうですが、実は理想的な腸でも善玉菌の割合は2割程度。残りは1割が悪玉菌、大半となる7割は日和見菌です。

 

日和見菌とは聞き慣れないかもしれませんが、これは体が健康なときには特になにもしない腸内細菌。腸内の善玉菌と悪玉菌の割合によって良くも悪くも働く細菌で、体が弱ってくると活性化し、ときに日和見菌が原因となる感染症を発症することもあります。

 

腸内環境が整っているかどうかは、便で確認することができます。理想的な“美便”はバナナ1~2本分、異臭がなく、黄土色をしています。お通じのつど、自分の腸の状態をこまめにチェックしておきましょう。

 

また、近頃は尿から腸内環境を調べることのできる腸活チェックキットも販売されています。キットを購入したら自宅で採尿し、専門機関に送付するだけ。検査結果はネットで確認できるという手軽さから、徐々に人気が高まっています。

腸活で善玉菌優位な腸へ導く!効果的な食べ物・飲み物

腸活を通じて目指すのは、善玉菌がたくさんいる良い腸をつくること。良い腸をつくることができれば、痩せやすい体質ができあがってきます。そのほかにも、免疫力アップや美容効果といったうれしい効果が期待されており、まさにいいこと尽くめです。

 

善玉菌が好む食べ物や飲み物は、甘酒にキムチ、ぬか漬け、納豆、乳酸菌飲料にヨーグルトといったもの。オリゴ糖や、食物繊維が豊富に含まれる発酵食品です。

オリゴ糖は善玉菌のえさになり、食物繊維は腸内環境を整え便通を良くしてくれます。特に日本人は食物繊維の摂取量が足りないといわれていますので、積極的に取り入れていきたいですね。

 

反対に、悪玉菌が好む食べ物は揚げ物、脂っこい食事に甘いもの、スナック菓子といった脂質が多く食物繊維が少ないもの。ときどき食べるぶんには問題ありませんが、頻繁に口にするのは避けましょう。

いますぐ実践!健康的な腸をつくるための腸活実践法

手軽に始めやすい腸活は、食事内容の見直しです。腸によい食べ物としてヨーグルトをイメージする方も多いかもしれませんが、特におすすめなのはお味噌汁です。

 

日本人になじみの深い調味料である味噌も発酵食品なので、善玉菌との相性は抜群。野菜たっぷりの具だくさんのお味噌汁を食事メニューに取り入れれば、発酵食品の味噌と野菜の食物繊維を同時に摂取できます。

 

そのほか、食事メニューに積極的に取り入れていきたい食材は納豆やキムチです。食べるタイミングとしておすすめなのは夕食時で、寝ている間に善玉菌を増やしてくれます。

 

また、食後に常温に戻したヨーグルトを食べるのもおすすめ。常温にする理由は、乳酸菌が活発に働く温度が40℃前後とされているため。また、冷えたヨーグルトは胃腸を冷やしてしまう可能性があるため、おすすめできません。

善玉菌が喜ぶ食べ物・飲み物を上手に摂取して、コツコツと腸活を進めていきましょう。

まとめ

ダイエットに重要な良い腸を手に入れるため、生活の中に腸活を取り入れてみましょう。おいしいものを食べながら無理のない範囲で運動し、リラックスをしてイキイキと過ごすことが、よりよい腸活につながります。継続することで、良い腸とともに痩せやすい体質が手に入り、健康的にダイエットを成功させることができるでしょう。

美容コラム一覧へ

関連記事