美容コラム

正月太りを撃退!冬に太りやすい原因&痩せるためのおすすめ行動

ダイエット

新年に向けた準備や仕事納めで慌ただしくなる12月に、親戚の集まりや新年の挨拶、初詣などであちこち歩き回る1月。この年末年始は、おそらくバタバタとした日々をお過ごしだったかと思います。そんな忙しい日々は過ぎ、そろそろ日常生活を取り戻しつつある頃ではないでしょうか。

ほっと一息つき、ふと体重計に乗ってみると、そこにはありえない数字が!忘年会に新年会、おもちにおせちなど、年末年始においしいものをたくさん楽しんだ代償ともいえますね。

今回は、充実した年末年始を過ごした証ともいえる正月太りをピックアップ。そもそもなぜ正月太りは起こるのかという原因を探りながら、おすすめの運動、ダイエット方法をご紹介していきます。

目次
年末年始はダイエットに不向き!?正月太りの原因とは
正月太りしてしまったら早めの対処が肝心!
冬の間は油断大敵!太りやすい体にならないために
まとめ

年末年始はダイエットに不向き!?正月太りの原因とは

正月太りに嘆いている皆さま、ぜひ一度、この年末年始の行いを振り返ってみてください。12~1月は実はダイエットにとても不向きな月。クリスマスに忘年会、大晦日が過ぎればお正月、新年会と、飲んで食べて楽しむ機会が非常に多いのです。

特に飲み会に参加する機会が増えると、生活リズムも不規則になりがち。帰宅は日付が変わる頃…なんていう日が続いてしまうことも。すっかりリズムが狂った頃には正月休みを迎え、さらにのんびりダラダラと過ごす時間が増えていきますよね。

まわりの雰囲気に飲まれ、ダイエットや運動などという言葉は記憶の片隅に。そしてそのまま仕事始めを迎え、いつもの生活リズムに戻った頃には立派な正月太り体型に変わってしまっているというわけです。

太りやすい原因がたっぷり詰まった年末年始。ふと我に返ったときには、体重計に乗るのが恐ろしい!という状況に陥っているかもしれませんね。

正月太りしてしまったら早めの対処が肝心!

さて、正月ムードもすっかり落ち着いた今日この頃。まだまだ体型は正月太りのまま…と嘆いているなら、1日も早い対処が必要です。まずは年末年始で狂ってしまった生活リズムを戻しましょう。

食事時間に関して、特に夕食は20時までに済ませるようにすることが肝心です。正月は親戚が集まったり、家族でゆっくり過ごしたりする時間が増えることから、ダラダラと常に食べ続けているという事態に陥りやすいもの。しっかりと朝食、昼食、夕食の時間を区切り、栄養バランスの取れた食事をするよう心がけるべきです。

年末年始にお酒を飲みすぎたという方は、しばらく控えるのもよさそうですね。

また、夜更かしや朝寝坊を繰り返し、睡眠リズムも変わってしまっているかもしれません。睡眠に最適な時間は、20時~翌4時とされています。朝こんなに早起きする必要はありませんが、遅くとも0時までには寝ることで睡眠リズムを取り戻しましょう。

このように生活リズムを戻すことで、ダイエットのスタート地点に立てるのです。リズムが戻れば、もとの体型を目指して少しずつ運動を始めてみたり、まめに体重計に乗ってみたりしながら、正月太りを撃退しましょう!

冬の間は油断大敵!太りやすい体にならないために

年末年始は、年越しそばにおもち、おせち料理など、炭水化物や糖質たっぷりの食事をする機会が多くなっています。これらも正月太りの原因です。加えて、お酒を飲む方はいつも以上に飲む量が増え、それに伴っておつまみをたくさん食べてしまうこともあるかもしれません。

そもそも冬は、寒さにより体が冷え、身体の排出作用や発汗作用が衰えやすい季節。また、寒さを理由に運動から離れてしまう方も多いのではないでしょうか。冬の間は炭水化物の量を少し減らす、お酒の量を抑えるなど、いつもより節制しながら過ごしてみるといいかもしれません。冬の間はまだまだ太る原因はたくさんあると心に留め、こまめに体重をチェックしながら、温かい季節を迎えるようにしましょう。

まとめ

冬は少し油断をしていると、すぐに体重が増えてしまいます。寒さにより身体が動かなかったり、おいしいものが多かったり、誘惑が多い季節です。正月太りに悩んでいるなら、ぜひ当サロンへ!年末年始に溜まった毒素の排出をお手伝いします。

美容コラム一覧へ

関連記事