美容コラム

突然のダイエット終了はリバウンドのもと!目標体重に到達しても油断は禁物

ダイエット

ダイエットはつらく苦しいもの。カロリー摂取量を減らしたり、好きな食べ物を控えて食事制限を行ったり、ときにはハードな運動に打ち込みながらゴールに向けてまい進する日々。

 

つらい道のりだったからこそ、目標体重に達したその瞬間の喜びは何ものにも代えがたいですよね。

ダイエット終了を祝い、それまで我慢していたものをドカ食いしたくなることもあるでしょう。ずっと続けてきた運動を完全にやめてしまう方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかしそれは非常に危険な行為。急にダイエットをやめることにより、リバウンドの可能性がとても高くなるのです。

今回はダイエットの終了方法に注目し、美しい体型を維持する秘訣を解説していきます。

目次
目標体重に達したらダイエットは終了してOK?
ダイエット終了後も体重を維持する秘訣
突然ダイエットをやめるのはリバウンドの大きな原因に!
まとめ

目標体重に達したらダイエットは終了してOK?

効率のよいダイエット方法は、人それぞれで違うもの。運動よりも食事制限のほうが大きな成果を得やすいという人もいれば、その逆もいます。

これと同じで、ダイエットの最適なやめ方にも個人差があるのです。

 

まず、世間にはさまざまなダイエット方法がありますが、極端にカロリー摂取量を減らすダイエットはリバウンドの確率が上がります。

 

栄養不足になった体は例えるなら飢餓状態。目標体重に到達したからといって、そんな状態の体に以前と同様の栄養素をガツガツ入れてしまっては、リバウンドするのも当然のこと。

 

健康的にダイエットを成功させ、そのあとも太りにくい体をキープするためには、リバウンドしにくいダイエット方法を選ぶことが重要です。

基礎代謝をアップさせつつ、無理のないペースで体重を減らすことを心がけましょう。

ダイエット終了後も体重を維持する秘訣

炭水化物抜きダイエットも流行っていますよね。こちらも、前述したカロリー摂取量を制限するダイエットと同じで、やめ方を誤るとリバウンドの危険性が高まります。

 

ダイエット成功後、また以前のように炭水化物を摂取したいなら、まずは徐々に摂取量を戻していきましょう。以前と同じ摂取量に突然戻すのはおすすめしません。

 

そのほか、炭水化物の摂取量を戻した分だけ甘いものを減らす、ウォーキングを始めるといった具合に、別のダイエット方法を取り入れることでも体重をキープすることができます。

 

ちなみに運動をすると筋肉量が増えるので、基礎代謝アップにも効果的。基礎代謝が上がれば太りにくい体を作ることもできます。

食事制限はストレスになってしまうという人は、生活の一部に運動を取り入れてみるとよいでしょう。

突然ダイエットをやめるのはリバウンドの大きな原因に!

リバウンドの大きな原因は、ダイエット終了とともにすぐ元の生活に戻ってしまうこと。

 

つらいダイエット期間を乗り越えた人にとって、目標体重に到達したその瞬間の喜びは計り知れないもの。それまでの苦労やストレスをすべて手放してしまいたくなるのも当然の感情だとは思います。

 

しかし、ここでの油断がリバウンドに直結するのも事実。そのような事態はなんとしても回避すべきです!

 

食事制限を行ってきた人なら、ダイエット前よりも低カロリーかつ少ない量の食事で満足できるようになっているのではないでしょうか。運動習慣がついた人なら、汗をかくことの気持ちよさを実感できたかもしれません。

 

目標体重に到達したことを合図に、ダイエットを終了してしまうのは非常にもったいないことです。

せっかく手に入れた健康的な生活習慣を維持しながら、いつまでもスリムな体型をキープすることを目指してみましょう。

 

以前当ブログでは、ダイエットを継続させるための秘訣をご紹介しましたので、こちらも合わせて参考にしてみてくださいね。

 

>>ダイエットが継続できない原因は?習慣化させるコツと3つのポイント

まとめ

ダイエットで手に入れたスタイルをキープする秘訣は、ダイエットに明確な終了時期を設けないこと。痩せるために行ってきた行動を習慣化させるのがおすすめです。40代、50代になっても美しい体型を保つため、健康的な生活を心がけましょう。

美容コラム一覧へ

関連記事